浮気の解決方法|香川での浮気調査はガルエージェンシー香川 【探偵・興信所】

  • メールでのお問い合わせ

    お気軽にお問い合わせ下さい!

    0120-63-9494
  • メールでのお問い合わせ
  • LINEでのお問い合わせ

浮気の解決方法

浮気の解決方法

「証拠を掴んだ後、どうしたらいいの!?」ご依頼者様より、大変多くお聞きするご相談です

お互いで話し合いをするという方法以外にも、法的な解決手段として、下記のようにいくつかの方法があります。 調査をご依頼する前に、一度考えてみられてはいかがでしょうか。 あなたに最適な解決方法がきっと見つかります。

  • 1.
    離婚を決意し、離婚時に配偶者へ慰謝料を請求する
  • 2.
    離婚を決意し、配偶者と浮気相手に対し、慰謝料を請求する方法
  • 3.
    離婚はせずに別居し、配偶者に対し、慰謝料と養育費などを請求する
  • 4.
    離婚はせずに、浮気相手に慰謝料を請求し、
    同時に配偶者と二度と接触したり連絡を取り合わないように約束してもらう
  • 5.
    その他の方法

まずは、調査を行い、決定的な不貞行為(浮気・不倫)の証拠を収集します。

そして、浮気相手の女性(男性)の身元(名前・住所・勤務先等)が特定できれば、 いよいよ交渉開始となります。 テレビやドラマの場合なら、そのまま調査報告書を相手に叩き付けるのですが、 実際にはそういったことは稀です。 調査報告書は、最後の切り札となりますので、相手に口裏を合わされたり、言い逃れをされないようにするためにも、報告書の使用方法は慎重に選ぶ必要があるのです。

解決方法1離婚を決意し、離婚時に配偶者へ慰謝料を請求する

離婚を前提に考えて調査をするケースと、調査結果を見たら我慢出来ず離婚を決断される方がいます。最終的な決断です。 ご自身で決定的な証拠を掴む、または調査会社で浮気の証拠を掴み弁護士に相談、離婚調停などを経て離婚することになります。
不倫相手の身元が特定できなかったり、配偶者が風俗通いをされていた場合は、慰謝料を請求することは難しいのです。

解決方法2離婚を決意し、配偶者と浮気相手に対し、慰謝料を請求する方法

基本的には、≪解決方法1≫と同じですが、 浮気相手の身元をしっかりと特定することできれば、いよいよ浮気相手に対し、慰謝料請求をすることが出来ます。

浮気相手と直接話し合いを行い、慰謝料請求をするということも可能です。 ですが、たいていの場合、浮気相手に言い逃れをされてしまうケースが非常に多いのです。 また、浮気相手の対応が悪かったりするので、ついついこちら側が感情的になり、逆に脅迫になってしまうという危険性があります。

自分の感情に任せ、威圧するために浮気相手の自宅や勤務先に押しかけたり、大声でわめいたり、相手に対し暴力を加えたり、脅迫する等、これらの行為は逆にあなたが不利になってしまいます。
そうならない為にも、弁護士さんにお願いされることをお勧めします。 費用は掛かりますが、法律的な解決をきちんと進めてくれますし、あなたに代わって交渉してくれます。 ですから、あなたの精神的負担も確実に軽減してもらえます。

解決方法3離婚はせずに別居し、配偶者に対し、慰謝料と養育費などを請求する

浮気調査が終了すれば、調査報告書や証拠資料等を持って、弁護士さんに相談されることをお勧め致します。 当社でも、無料でお勧めの弁護士さんをご紹介させていただくことが可能です。
ひとまず、離婚に関しては考えず、実家へ引越したり、別居をしながら今後のことを冷静に考えてみてはいかがでしょうか。

次に、配偶者に対しては、慰謝料や「別居中の生活費(婚姻費用)」を支払ってもらえるように話し合ってみましょう。
話し合いがまとまらなかったり、相手と直接話し合いをしたくない場合は、家庭裁判所に「別居中の生活費(婚姻費用)」を求める調停を申し立てることが可能です。 調停が成立すれば、毎月支払われるようなります。
離婚をしてスッキリするか、または別居して相手を「毎月お金だけを運んでくれる人」ととらえ、割り切って生活をするという選択肢もあるのです。 離婚となると、今後の生活や子供の将来にも大きく影響されるものなのです。

解決方法4離婚はせずに、浮気相手に慰謝料を請求し、同時に配偶者と
二度と接触したり連絡を取り合わないように約束してもらう

あなたが「離婚する気はない」とお考えであれば、配偶者と直接交渉(話し合い)をしてみるのも方法の1つです。 まず、「現在、浮気をしているか?」という質問に対し、多くの場合「NO」という答えが返ってきて、全面的に浮気を否定する人が多いのです。
この時、「浮気はしていない!」と否定するのなら、言い訳や理由をはっきりと聞いておきましょう。 休日出勤の理由、飲み会と言って外出した日の行動、調査を行った日の行動など。 嘘はないかどうか、はっきりと発言させてあげましょう。
そこでいよいよ、調査報告書の出番です。 証拠の写真を一部でも見せ、浮気を認めてくれれば、あなたの勝ちです。
ですが、相手は「調査会社の捏造だ!合成写真だ!」といって反論してくる人が殆どなのです。 また、「プライバシーの侵害だ!」など、よくわかっていない法律用語を連発してくる場合もあります。
もしも、あなたが夫婦生活の改善や、離婚を望まれていないのなら、報告書は出来るだけ見せない方が賢明です。 なぜなら、調査をされたことを理由に、開き直って「俺(私)が信用できないのか?探偵を使ってまで調査をするなら、お前とは一緒にやっていけない!」など、逆切れをして離婚を迫ってくる人が多いのです。
相手が浮気をしたことを認め、きちんと謝ってくれる場合もあります。 このような場合は、「今後一切浮気はしない。」と約束してもらい、あなたもそれでスッキリとしたのであれば、良い選択肢を選ばれたと思います。 それでも、「今後、また浮気をされるのでは!?」と不安を感じるのなら、「今後、○○(浮気相手の女性)とは、一切、連絡を取り合ったり、接触をしません。」という内容の合意文章を作ってもらうことにより、あたなも安心できると思います。
しかしながら、調査報告書を相手に見せてしまった後、あなたが「このパートナーとはやっぱり離婚したい」という気持ちに考えが変わった場合、相手はどんな証拠をとられているのかを知っているので、もしも後々、離婚という決断を選ぶ可能性が残っているのなら、この段階で今ある証拠を全部見せてしまうというのは得策とは言えません。 浮気相手と口裏を合わせるための手伝いをしてあげるようなものです。 相手も弁護士に相談するなど、何らかの準備を講じてくるはずです。 「この日は、急に体調が悪くなり、ラブホテルで休憩していた。」とか、「相談を聞いてもらう為に、人目につかないようにラブホテルで話をしていた。」など、上手い言い訳や言い逃れを考え、慰謝料を出来る限り減額しようと対策を練ってきます。
本来、こちら側が弁護士さんに依頼した場合、調停や訴訟を起こした場合には、まずは相手に、言い訳や嘘を散々語らせるのです。 その後、最後の最後で証拠となる調査報告書を提出し、相手の嘘をすべて打ち崩していくのです。
相手の性格等を考慮し、お互いに話し合うことで解決出来そうであれば、このような選択肢もあります。
相手に証拠や調査報告書を見せるということは、言い訳を作る機会を与えることにもなりかねないので、「見せるのかどうか?」「見せるとしたら、どこまで見せるのか?」など、調査報告書の使用方法は慎重に選ぶ必要があるのです。 調査報告書は、最後の切り札ですから。
浮気相手の女性に対し、慰謝料請求をする場合は、弁護士さんに依頼し、内容証明郵便を使って慰謝料請求をしもらうことをお勧めします。 同時に、今後二度と接触をしないよう勧告をしてもらったり、「今後一切、連絡を取り合ったり、接触をしません。」という内容の念書や合意文書を作成してもらうことが望ましいと思われます。
費用は掛かりますが、法律的な解決をきちんと進めてくれますし、あなたに代わって交渉してくれますので、あなたの精神的負担も確実に軽減してもらえます。

解決方法5その他の方法

「相手の言いなりに、都合よく離婚をしたくない。」 「離婚はしたいけど、夫の暴力が怖いので、直接の話し合いだけは避けたい。」 「浮気相手に慰謝料請求を行い、妻(夫)から子どもの親権をとりたい。」 など、人によって解決方法は様々です。
証拠を掴んだ後、調査報告書や証拠資料の使用方法については遠慮なく何度でもご相談下さい。 あなたの最終目的に合った、最適な解決方法を一緒に考えていきます。 【メンタル心理カウンセラー】の男性・女性相談員が在籍していますので、きっとあなたに合った最適な解決方法が見つかります。 (反社会的な行動に関してのお手伝いは出来ませんのでご了承下さい。)

浮気調査コンテンツ

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい!

0120-63-9494

通話料無料

9:00~24:00

おおよそのお見積りもすぐにお伝えできます

初めてのご相談の方、まずはご相談してみたい方携帯電話からも通話料無料

お問い合わせ

電話お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい!

0120-63-9494

通話料無料

9:00~24:00

お電話いただいた場合、時間帯によってはご相談が立て込んでいたり、当日の相談カウンセラーの人数により、お電話がつながりにくい場合がありますが、もしもその際には申し訳ございませんが、30分~1時間など、時間を空けてお電話をいただけますようお願い致します。