浮気調査は香川の探偵・興信所[高松・坂出市・善通寺市・東かがわ市・宇多津町・丸亀・三豊市]

盗聴器・盗撮器発見

香川(高松)での盗聴器・盗撮器発見調査ならガルエージェンシーヘ
大切な情報が漏洩していませんか?「あれ?」と思ったらまずはご相談ください。

盗聴器・盗撮器発見の調査とは
自宅やマンション、アパート、事務所、店舗の室内等に、盗聴器・盗撮器(盗撮カメラ)等の監視機器が設置されていないかどうかの調査を行います。
もしも、そのような監視機器が発見された場合には、速やかに撤去いたします。
また、「どのような人物が何の目的で設置したのか?」など、仕掛けた人物の特定調査を行うことも可能です。

昨今、情報化社会と言われるようになり、様々な機器のハイテク化が急速に進んでおり、事務所や会議実、自宅マンションやアパートなどでの盗聴器・盗撮カメラの被害が年々増え続けているのが現状です。
下記の項目に身に覚えるがあるという方は、もしかすると盗聴や盗撮をされている可能性があるかもしれません。

  • 親しい人や、関係者にしか話していない話を第三者の人が知っている。
  • 誰かに見張られたり、尾行されているような気がする。
  • 部屋の中が覗かれているような気がする。
  • 最近いたずら電話が頻繁にかかってくることがある。
  • 電話中やテレビを見ている時に、雑音が入ることがある。
  • 異性の相手から、しつこくつきまとわれている。
  • 自分で盗聴発見器を購入し、調べてみると、反応しているが、盗聴器がどこにあるのかよくわからない。
  • 泥棒や空き巣に入られたが、何も盗まれていない。

…など他人に自分の情報が漏れているのではないかと感じたときに。

自分の情報や写真が勝手にネットに掲載されていたり、知らない人が自分のプライベートを知っているなど、盗聴器や盗撮器にまつわるご質問、お見積りなど、お気軽に何度でもお問い合わせ下さい。
放置しておくと、益々被害が拡大してしまう危険性も考えられます。

盗聴器・盗撮器(盗撮カメラ)とは
盗聴器・盗撮カメラとは、主に無線式と有線式の2タイプがあり、盗聴器・盗撮カメラともに最も多く利用されているのは無線式です。

最近の盗聴器には、コンセント型や3口タップ、アダプタ型、時計型、電卓型、ペンタイプなど様々な形に偽装されたものが存在します。
その他にも、電化製品やコンセント、照明のスイッチなどに盗聴器や盗撮カメラを仕込まれているケースもあり、「どれが盗聴器で、どれが盗撮カメラなのか?」見た目だけでは全く分からないのです。

盗聴器・盗撮カメラ
様々な形、タイプの盗聴器・盗撮カメラ

調査方法
盗聴器・盗撮カメラ等の監視機器は、アナログ式やデジタル式、レコーダー式、偽装タイプなど、種類によって様々な電波や周波数帯が使用されています。

「基本調査」
お申し込みが一番多い一般的な調査の場合には、広帯域受信機や電界強度計、周波数特定器、ファイバースコープ等、数種類の機材を使用し、二重三重の調査を行います。
それにより盗聴器・盗撮カメラ等の有無を正確に確認することが可能ですのでご安心下さい。

調査機材
盗聴器・盗撮カメラ発見の調査機材

盗聴・盗撮発見機器
ガルエージェンシー独自の盗聴・盗撮発見機器

調査の流れ
1. 調査場所の周囲や外周等をお調べした後、お約束の時間に訪問いたします。
ご依頼者さんに身分証明証をご提示します。
営業車輌には、社名は入っていませんのでご安心下さい。
↓
2. 調査の流れや調査中の注意事項をご説明します。
アドバイスシートをご記入いただきながら、怪しい場所等をお聞きします。
↓
3. ご依頼者さんの立会いのもと、筆談をしながら調査を開始します。
数種類の調査機材を使用して、盗聴・盗撮電波の有無を調べていきます。
調査時間は、調査の種類、調査対象となる場所の広さにより異なりますが、1部屋6畳辺り、
おおよそ30分〜1時間で終了します。
↓
4. 盗聴器・盗撮カメラ等が発見された場合、ご依頼者さんに電波の確認をして頂き、
撤去の同意をいただいた上で撤去させていただきます。
↓
5. ご希望の方には今後の予防策や再発防止策についてカウンセリングをいたします。

調査風景

調査風景
盗聴器・盗撮カメラの調査風景

調査料金
お電話やメールにてお問合せいただき、お調べになりたい場所の広さや、詳細な状況をお聞きすることにより、正確なお見積りをお出しすることが可能です。

料金の一例
簡易調査 26,000円〜(1部屋6畳)
基本調査 48,000円〜(1部屋6畳)盗聴器・盗撮発見
県内の場合、出張費はかかりません。
また、盗聴器・盗撮カメラなどの監視機器が発見された場合、撤去費用などの追加料金は一切かかりませんのでご安心下さい。
調査終了後、ご希望の方には今後の予防策や再発防止策についてカウンセリングをいたします。

企業の盗聴器発見なども調査いたします
ちょっとした情報漏洩から企業経営危機を招く事も有り得ます。
事前の防衛手段としても効果的です。

事例紹介
女性会社員の盗聴器調査
事例01 女性会社員の盗聴器調査 ご依頼者さんはひとり暮らしの女性会社員。
「最近引越しをしたんですが、どうも誰かにいつも見張られているような感じがして落ち着かないんです。時々、携帯電話にも無言電話がかかってくるんです。」

特殊機材を使用し室内をくまなく探査すると備え付けの照明器具に取り付けられた盗聴器を発見。盗撮器は見当たらなかった。
発見した盗聴器は電波で音声を飛ばすタイプのものであり、しかも電池で作動するものである。
その寿命は一週間しかもたないことから誰かが部屋に侵入し電池を交換しているものと思われる。

外す前にご依頼者さんに確認してもらうと、母親と彼氏以外は部屋に連れてきたことがないという。
ご依頼者さんと相談の上、盗聴器をしかけた犯人を割り出した結果、ご依頼者さんの元彼(2年ほど前に交際していた)で、この部屋を勧めてくれた不動産屋の男性が、ご依頼者さんが新しい彼氏と交際することに嫉妬をして、留守中に忍び込んでいたことが判明する。
ご依頼者さんは元彼の不動産屋との話し合いの末、事実を認める文面に署名をしてもらい、引っ越したばかりのマンションをあとにした。



お問い合わせ相談フォーム 24時間受付 専門分野に精通したスタッフがお客様のご相談にお応えいたします。お気軽にご相談ください!